Profile / プロフィール

Eriko YAMABE, Ph.D.

 

-Lecturer at Tsuru University

-Director at REFlective LEarning Community for Teaching (REFLECT)

-Part-time lecturer at University of Tokyo, Faculty of Education

 

Born in 1984 in central Tokyo but spending most of her childhood in the State of New York, it was at a very young age that Eriko noticed the cultural differences that exists between countries, especially on the idea of school, teaching, and education. Fundamental assumptions on education, such as the extent to which equity in education is to be pursued, how conflicts and behavioral issues are to be addressed in schools, and what roles teachers are to play in education, are too often left unchallenged in domestic debates, while they differ remarkably among countries and regions. Eriko's main field of research is teacher education and ethics of education, and she mainly studies and gives workshops on the importance of teachers reflecting on their own teaching practices, and methods of facilitating deep reflections.

 

Examples of Courses Taught:

- Co-Creative Seminar (Bilingual; Japanese and English)

- Philosophical Issues in Education (English)

- Restorative Approaches in Education (English)

- Reflection and Assessment (English)

- Moral Education (English)

- Teaching Practicum (English)

- Internship for Teaching and Education (English)

 

For further details on my research, please see here.

 

山辺恵理子(やまべ・えりこ)

 

・都留文科大学 文学部 国際教育学科 講師
・一般社団法人REFLECT(学び続ける教育者のための協会;Reflective LEarning Community for Teaching)理事

・東京大学  非常勤講師

 

1984年生まれ。東京都出身。アメリカ ニューヨーク州で幼少期を過ごし、東京大学教育学部を卒業、東京大学教育学研究科の修士課程を修了後、同大学院の博士課程在学中に日本学術振興会特別研究員(DC2)、スタンフォード大学客員研究員などを経て、2014年4月より2017年3月まで東京大学 大学総合教育研究センター 特任研究員を務める。2017年4月より現職。東京大学博士(教育学)。 専門は教育の倫理、教師教育学。主に教師や教師教育者のリフレクションに注目して研究している。また、教師向けワークショップや研修も多数実施。

 

主な業績は、『ひとはもともとアクティブ・ラーナー!:未来を育てる高校の授業づくり』(山辺恵理子・木村充・中原淳 編著、北大路書房、2017)、「教師の専門性発達」(『人材開発研究大全』中原淳 編著、東京大学出版会、2017 所収)、「感情を持ち込んだ正義の正当性について:修復的正義に潜む強制性批判と修復的実践の可能性」(『RJ叢書9 修復的正義の諸相 細井洋子先生古稀祝賀』西村春夫・高橋則夫 編、成文堂、2015 所収)、「資質と能力の不可分性について : 「教員の資質能力」向上の議論の特徴と課題」(日本教師教育学会年報 (23)、148-158、2014)、「修復的正義から「修復的実践」へ:「修復的」であることの教育的意義の探求」(東京大学大学院教育学研究科基礎教育学研究室 研究室紀要 (36)、73-78、2010)など。 

 

業績の詳細はこちらをご覧ください。